畑の駅 Feed

2020年10月14日 (水)

嬉しいお言葉~「廣田さんの〇〇しか食べないんです。」

「うちの孫は廣田さんのトマトしか食べないんだよ!」~お孫さんがいる女性

「廣田さんのトマト依存症になっちゃったんです!」~ご婦人

「うちの子はトマトが嫌いなんですけど、廣田さんのトマトは食べるんですよ。」~小さなお子さんのお母さん

「廣田さんのトマトはものすごく食べるんです」~キロ単位でお買い上げいただいている小さな子のお母さん

「俺、トマト嫌いなんですけど、廣田さんのは食べられます。」~若いお父さん

「ぜんぜん味が違います!」~たくさんのお客様

こんなありがたいお言葉を、いただいています。heart02

トマトって、雨が降ったとか、湿気が多いとか、曇り空だとかいった

ちょっとした天候の変化でもすぐに味に違いがでる作物です。

廣田農園のトマトも実は日々、味が変わっているのですが、どうやら安定的に違うらしいのです。eye

自分たちでも美味しいなぁとは思う(手前味噌ですみませんsweat01)のですが、客観的にお客様から言っていただけるので、そうなんだなぁと思えてありがたいです。lovely

一般的な大量生産トマトは、まだ青さが残る未完熟うちに収穫して流通にかかる時間に追熟して赤くすることが多いので、最高潮に完熟するまで粘りに粘ってから収穫する廣田農園トマトと味が違うことはあるだろうなぁと思います。confident

そして、味の違いだけではなく、同じ大きさでも重さが違ってきます。

うちのトマトは小さいのに重いのです。

糖度が高まって比重が重くなるからみたいです。search

なので、たまに「100グラムなのに随分、少ないわね。」と言われたりします。coldsweats01

トマト以外でも、リーフレタスも

「普通のリーフレタスはあんまり味がしないけれど、廣田農園のは、しっかりレタスの味がしてうちの旦那さんが美味しいって言っていっぱい食べてくれるよ!」とか

にんじんも、

「ちゃんとにんじんっていう味がする」などなど、その他の作物も総じて味が濃いようです。

かさはないけど、みっちりつまっている野菜sign02

これは見栄えや大きさ勝負になりがちな野菜業界では、かなり不利です(笑)coldsweats01

でも、いろんな栄養が詰まっているんじゃないかなー。

それで美味しさとして感じられているんじゃないかなーと思っています。heart01



さて、

私手づくりで、手づくり感満載の入口看板が、ただならぬ怪しさを放つらしい廣田農園直売所「畑の駅」。smile

しかも、大きな通りに面しているが故に、スピードに乗って見落とされがちな場所にあります。rvcar

さらには、その道路から直売所にかけての道が一段低くなっているので、見通せず、車で入って出られるのかどうか、心配になるような入口です(安心してください。降りてきたら広くなっていて旋回もできます!)。coldsweats01

そんな怪しさを超えて、来てくださるお客様たち。heart02

本当に素敵な方ばかりで、大好きなのですが、さらには嬉しいお言葉もいただいて、本当に感謝感謝なのでした。heart04



そして、最近、またまた嬉しいお言葉をいただきまして、それは、

「うちの〇〇ちゃんは、廣田農園の粟穂しか食べないです!」とか、

「ほかの粟穂を買っても食べなかったのに、廣田農園の粟穂は食べたんです!」という

鳥さんの喜び(を飼い主さまが伝えて下さる)の声です。chick

確かに薬っぽいとか、カビっぽい香りがする粟穂に比べたら、

うちの粟穂は穀物の香りがするな、とは思っていました。

けれども、おかしな香りがするのではなくて、

同じ国産の無農薬粟穂じゃなくてどうしてうちのかな、と思い、

化学肥料を使っているか、否か?かとも思いました。

化学肥料を使うとグイーっと素早く生長してくれて、生産者としては助かるのですが

有機的栄養をじっくり分解しながら、ゆっくり育った野菜の方が味が濃いと感じます。



けど、同じ無農薬粟無化学肥料の粟穂もあるけど、どうしてかな、

と考えてみると、、

十勝の激しい寒暖差かな。とも思いました。

農業王国、十勝。

小麦の王国、十勝。。

寒暖差が激しいと旨味がグッと増すのです。

冷たい海の魚の身がしまっていて味が濃いのと似ているように思います。fish

他には、いろんな作物を育てている多様性のある畑なので多様性のある微生物が土をつくっているから豊かな味がするのかな。。。などなど。。

どうして美味しいのか、考えてみると、ついつい理屈っぽく、頭でっかちになってしまって、なんだかなぁ。。bearing

しかし❗️

そう、これだけはクッキリ、ハッキリしているのは鳥さんへの愛ですnote(テヘッhappy02

きっと鳥さんもそれをキャッチしてくれているんじゃないかなnoteな~んてwink



先日、友人にこのことを伝えたら、

「確かに鳥さんは、忖度なしだから、はっきりしているね!」と言っていて

確かにーー!!と思いました。happy01

そんなわけで、みなさまから嬉しいお言葉heart01をいただいて、

これからも廣田農園の作物を愛していただける皆様に、

お日様や虫さんや微生物たち、それから作物やその他の草たちと上手に力を合わせながら、

美味しい嬉しい作物をお届けしていきたいと思うのでした。sun

さあて、霜が降りて今シーズンの栽培が終わるまで、あと少し。

収穫に片付けにと、ラストスパートしていきますdash

あ!そして今週末、10月17日は鳥フェス札幌2020に出展します!chick

(直売所も同日営業します!)

たくさんの愛鳥家のみなさんとお会いできるが楽しみですheart02

今回も長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございましたーーlovely

Symmetry_0001_burst2020101401221206


2020年7月 7日 (火)

苗とコミュニケーション

苗のお世話とお店番の日々。

幸せ感じながらやってます。

まず、廣田農園のお客様との苗コミュニケーションが楽しいのです。

「あの苗が元気に育ってます!!」とか、「もう収穫して美味しく食べてますよ!」とかlovely

「こんな風にして食べたら、すごくおいしかったよ!」と、調理方法を教えていただけることもhappy01

喜びを共有させていただけて、とても幸せを感じるのでした。

それから、、、

私と苗の対話。

私「あれ?苗ちゃん、調子がよくなさそうだね。」

Kimg3520

苗「うん。もう、このポットが窮屈になってきたんだよ。」

Kimg3521

私「ありゃ、本当だね! 鉢上げするね!」

Kimg3524

苗「まってたよー!! ああ、きつかった。」

私「おお、こんなに。お待たせしてごめんね。」

Kimg3525

私「ではでは、4号(12センチ)ポットを卒業して、5号(15センチ)ポットに進級ですよ。」

Kimg3527

私「はい、できた!(デカッ!!)」


苗「あー、広くなって良かったー!やる気でたー!これからも大きくなるぞー!!」

Kimg3544

私「いい顔してるね!幸せそうで、わたしも幸せーheart

めでたし。

ちゃんちゃん。

こうして、廣田農園の苗は成長し続けるのでした。。coldsweats01

でも、発芽して間もない可愛らしいチビッコ苗もいまーすbud

2018年7月 7日 (土)

畑の駅の進化(今日の虫さんコーナー)

畑の力、土の力は、そこに住まう微生物や虫、

小鳥の力も大切な要素だと感じています。

微生物が植物や虫の亡骸を豊かな栄養にして

土に返してくれたり、ふかふか柔らかい構造にしてくれます。

たくさんの種類の虫がいるからバランスを整えてくれます。

何かと避けられがちな虫ですが、豊かな自然を支える大切な地球のなかまですよね(^o^)

そこで、脇役に徹している虫さんにご注目!なコーナーを設置してみました。

それが「今日の虫さんコーナー」です。

一日勤務していただたら、閉店とともに

外にお帰りいただきます。

まさに一期一会。

日替わり当番制です。

こちらはラブリーなコメツキムシさんでした。

Dsc_5670

日々進化する畑の駅(デッキ拡張)

小さな農家の小さな直売所ですが

わざわざお越しいただいたみなさまに

少しでも来て良かったな!と思っていただきたい。

行ってみたら楽しかったよ!と思える直売所を目指し

日々、小さな進化を続けています。

まずはデッキの拡張~!

広いウッドデッキの上で椅子に座って

外の風を感じられたら良いなぁ。

ということで、広げました!

Dsc_5637

畑の駅、7月から平日も営業中

7月に入りましたが、梅雨明けはまだのようです。

あれ?北海道にも梅雨ってあったっけ?!

と思うこの頃です(*^^*)

さて、廣田農園の直売所、畑の駅は

2018年5月12日から土日のみ営業していましたが、

7月からは地味に、

平日も営業開始していました‼

お休みは月木です。

ちょうど平日営業初日から農村ファームステイの

生徒さんがいてくれてにぎやかにスタートしました。

みんな優しくしてくれて、

ホップ駅長もウキウキでした。

Dsc_5645

※畑の駅のカーポート(外の水場)にて

にんにくの調整作業中のみんなと駅長

2018年6月14日 (木)

乾燥ケール入りクッキー

健康オタク農家を自称する廣田農園ですが、

おやつ大好きですheart02

誰か乾燥ケール入りのクッキーを作ってくれないかな~?と、かれこれ数年想っていましたら、夢が現実になりました‼

否、現実にしていただきました!

Img_20180518_150535_465

中札内の農家さんが立ち上げられたベジハートさん。

とても誠実に丁寧に、美味しく美しい加工品をつくられています。

どの作品も素敵なんです。

そのベジハートさんのソルト&ケールクッキー

素材はなんと、、すべて北海道産。

塩もオホーツク産!!

ほんのり感じるように1枚1枚、上にのせているそうです。

手間ヒマかかってますね!

そして、北海道産よつ葉のバター使用で食品添加物無添加!

凄いです‼

ちょっと甘いものをお茶のお供につまみたい。

そんなときにピッタリの一口サイズ。

畑の駅で販売中です。

ぜひ、お試しください(^o^)

Img_20180518_150535_480

看板犬、「ほっちゃん」こと、ホップくん

廣田農園の看板犬、ほっちゃんをご紹介します。

本名は廣田ホップ。

2018年2月にお迎えしました。

そのときで12才。誕生日がわからないので、2月がきたら、13才です(^o^)

とっても穏やかな癒し系です。

Dsc_5131

癒しパワーが凄いです(^o^)

Img_20180602_122743_637

Img_20180603_183734_184

そして、ふわもこの見た目とは裏腹に寒がりです。

Img_20180519_140048_127

Img_20180609_112059_172

ときには農業も手伝います。

Img_20180526_203044_476

そして、誰とでも仲良くできます。

むしろ、ワンちゃん大好きです。

よって、畑の駅はワンちゃんと行ける直売所となっております。

ぜひぜひ、人はもちろん、ワンちゃんもご来店くださいませ!

Img_20180513_170836_948

廣田農園の直売所「畑の駅」やってます♪

5月12日から土日10時から17時まで畑のプレハブで直売はじめてました!

Img_20180602_104100_974

Img_20180602_104100_973

ブログでのお知らせが遅くなってごめんなさい(*´∀`)

季節の移り変わりにそって、野菜のバリエーションも変わります(^o^)

Img_20180610_112504_047

野菜の他には、ドライハーブ、乾燥ケール、ケール塩、にんにく塩など農園野菜の加工品もあります。

ぜひぜひ、お立ち寄りくださいね。