2021年 Feed

2021年3月 1日 (月)

頭をひねって計画中~

廣田農園の畑2021、スタートしています。

2月の下旬にミニトマト、フルーツほおずきなどナス科の種を蒔きました。

といっても土の上ではなくて、濡らしたキッチンペーパーの上です。

それをジップロックに入れまして、腹巻の中にインして温めます。

温め担当は、例年のごとく代表です。

Dsc_12672

発根してきたら、土に上に移動させて、軽く土のお布団をかけます。

そして、、、

土から芽がでてきました。

4月の末には苗の販売を始めたいので、

これからいろんな種をじゃんじゃん撒いてきます。

ハーブの種は直接土に蒔いて、芽が出ました。

Dsc_12702

その前は何をしていたのかというと、、

昨年の計画と結果を振り返りながら、今年の作付を計画していました。

今も本当にこの計画でよいかと見直しています。

大規模農業が多い北海道の中でも

圧倒的な規模を誇る農家さんがほとんどの十勝の中で

異例の小規模中の小規模農家、廣田農園。

十勝の平均耕作面積のざっくり100分の1くらいの畑です。

めちゃくちゃ狭い上に、ゆるやかな斜面になっているので

乾燥地帯と湿気の多い地帯と土質がバラバラ。

砂漠ゾーンと湿地ゾーンと呼んでいます。

それぞれの土の特性に合う作物、植えられる作物が限定されます。

かといって、砂漠ゾーンには砂漠の作物、スイカ!と思っても

スイカは続けて作付けすると不調をおこす連作障害があります。

スイカに限らず、連作を嫌う作物は毎年場所をずらさないといけません。

ものによっては5年はずらしてね、というのもあります。

なので、どこに何をどのくらい植えるのかを決めるのが至難の業になっています。

さらに、無農薬無化学肥料で栽培しているので

虫さんたちの生態系も意識して作付け計画をつくります。

アブラムシが大発生しそうな作物のそばに

益虫がやってくる作物を植える。

同じ種類の作物ばかりが近くに植えられると同じ種類の虫ばかりになって

偏るので、できるだけ違う科の野菜を植える。

などなど、難しい問題ですが、複雑だけに面白いです。

さて、今年はどんな生きものたちの姿を目にすることができるのか楽しみです。

直売所のレイアウトも、快適性を重視して改装予定です。

ちょっと素敵にして皆さんをお迎えできたらいいな~と構想中です。

2021年2月14日 (日)

手づくり紙芝居「ほっちゃんものがたり」

2018年、クリスマスのイベントに向けて紙芝居を作りました。

また、何かイベントがあって紙芝居することがあれば使おうかな~と思っていましたが

機会もなさそうなので、ほっちゃんお迎え3周年の2月に公開することにしましたdog

ちなみに、ほっちゃんはひろたのうえんの看板犬のホップくんの愛称です。

では、はじまり、はじまり~。

Img_20181220_200455_2

「ほっちゃんものがたり」

Img_20181220_200514

「ぼくは、かぞくと

しらないところにきた。」

Img_20181220_200536

「みんな、かなしい感じで でていって、

ぼくは、ひとりぼっちになった。」

Dsc_7252

「くらくて、さむくて、

とってもさみしかった。

ぼくは、そこに何日もいた。」

Dsc_7253

「ときどき、だれかが、ぼくにあいにやってきた。

その日、やってきたひとに、

ぼくは ついていきたいとおもった。」

Dsc_7254

「でも、

その人もいってしまった。」

Dsc_7255

「もどってきて!

そのとき、ぼくは、

ここへきてから、はじめて

勇気をだして

声をだしたんだ。」

Dsc_7256

「しばらくして、

その人が戻ってきてくれた。

ぼくはうれしかった。

きもちが つたわったのかな!」

Dsc_7257

「そして、

ぼくは、かぞくになった。」

Dsc_7258

「目のまわりの毛を切ってもらった。

とってもよく見えるよ!」

Dsc_7259

「からだをあらって、

毛玉も とってもらったよ。

とってもすっきりして、いいきもち!

うごきやすくなったよ。」

Dsc_7260

「毛がみじかくなって、

さむいとこまるからって

ふくをきせてもらった。

ぼくは なんでも似合うみたい!」

Dsc_7261

「それから、

おいしい やさいが たべほうだい。

ぼくは畑の看板犬なんだ。」

Dsc_7262_2

「犬のともだちも 

たくさんあそびに来てくれるよ。

たのしいな!」

Dsc_7263

「子どもたちも きてくれるんだ。

なかよくしてくれて うれしいよ!」

Dsc_7264

「いっぱい あそんだあとは、

畑で おひるね、きもちがいいよ!」

Dsc_7265

「さむいよるは

ストーブのまえが ぼくの おきにいり。

あたたかくって いいきもち。」

Dsc_7266

「ぼくは ホップ、 畑の駅の駅長だよ!

ほっちゃんとも よばれているよ。」

Dsc_7267

「広い畑は ぼくの世界。

今日もみんなに会えるの

楽しみに まってるよ!」

Inkeddsc_7247_li

最後まで

お付き合いいただき、

ありがとうございましたー!

ちゃんちゃん。

後書き

傷ついたものは、癒される。

助けが必要なものは、すくわれる。

ということが伝わったらいいな、と思いながらつくりました。

というのは、

シュタイナー教育講座(幼児編)を受講したときに

講師のO先生から、幼児期に、大切なこと、というお話をお聞きして

心に残っていたからでした。

子どもの頃に、そういった世界に満たされることで

大人になっても、乗り越えていく力、理想の世界を創る力が育つ。

というようなことだったと思います。

私もそう信じていたいと思いますし、

少しでもそんな世界を創っていきたいと思っています。

保健所にて里親募集中だったホップくん。

ホップくんとの面会が終了して扉が閉まった後。

扉の向こうから、「フゥウーン。」と、小さな声が聞こえてきました。

「今、声を出しましたよね。」

保健所の方と顔を見合わせました。

「初めて、声を聞きました。」と、保健所の方も驚いていました。

(ホップくんは今でも声を出すことはほとんどないのにeye

すぐに連れて帰りたかったのですが、

私たちは2番目の里親希望者でした。

順番待ちで最初の方が断った場合に

ご連絡いただいて、お迎えできるという状態だったのでした。

ホップくんが声を出したシーンを入れたのは、

実際にあったから、というのもありますが、

勇気を出して声を出す、

願いを伝えることの大切さも

伝わったら、との想いがありました。

ホップくんが来てくれたおかげで、毎日ほっこり、にっこりしながら過ごしています。

たくさんの癒しや笑いをもたらしてくれて、感謝感謝なのです。

こんなに可愛いホップくんを手放さなければならないのは

よほどの事情だったのではないかと想像します。

前の飼い主の方も、保健所に託す前に、

新しい家族を探されていたけれども見つけられなかったようだ、

そして、とても悲しそうだったと伺いました。

お迎えしたからには最後まで飼う覚悟と責任をもって、というのはもっともで

まったくそのその通り、と思うのですが、

どうしても思い道理にならない、様々なことおきてしまうこともあるのだろうと思います。

12歳までホップくんの命を守っていただいた前の飼い主さんにも感謝しています。

(↓2018年のイベントで初披露したときの様子)

Img_20181224_134425