アクセスランキング

ウェブページ

Powered by Six Apart
Member since 12/2016

プロフィール

フォトアルバム

hirotanoen

農薬や化学肥料を使わない(Bio )、 自然共生型農業を営んでいます。 震災を機に農業を志し、 2016年から夫婦二人で営農を開始。 看板犬のホップくん(ダップー)、 ゆるキャラのぴよ太くん(すずめ)もいます。 ケール、空芯菜、トマト、スイカ、いちご、にんじん、にんにく、大根、じゃがいも、とうもろこし、粟穂など。 小さな畑で人や小動物向けに少しずつ、たくさんの種類を栽培しています。 春から秋は畑の直売所「畑の駅」も営業しています。

コラボ Feed

2019年12月23日 (月)

講演会「畑の虫さんと一緒に野菜育て」のこと

2019年12月1日、

帯広の森はぐくーむにて「畑の虫さんと一緒に野菜育て」というタイトルで講演させていただきました。

主催は日本野鳥の会 十勝支部さん。

廣田農園のゆるキャラがすずめのぴよ太くんなのですが、すずめは野鳥なんですよね!

野鳥を全面に押し出して、野鳥にも安心な環境づくり、自然共生型農業をしている廣田農園。

そんなご縁から野鳥の会十勝支部の尾崎さんにお声をかけていただきました。

Img_20191128_100330_323

無農薬でどうやって虫とかかわって野菜を育ててきたのか、というところをメインにお伝えしました。

簡単にいうと、虫の多様性を維持するような環境をつくるということです。

アブラムシやヨトウムシといった、野菜が大好物で生命力、繁殖力の強い虫さんばかりにかたよった畑だと、厳しいので、、

そのアブラムシさんやヨトウムシさんが大好物!な虫さんが定住してくれる環境をつくるということです。

そういった肉食系の虫さんは一生涯、アブラムシやイモムシだけを食べ続けるのではなく、

大人になったら花の蜜も必要としたり、主食とする虫もいるのでした。

そこで、成虫になってからの食事に困らないように虫さん好みの小さなお花を咲かせ続ける。

具体的には、畑の中に耕さないゾーン、草むらをつくり、住み着いてもらう。

あと、お水を飲める場所をつくる(←これはこれから)。

安心して暮らせたり、越冬したりできる隠れ家、住みかとなる耕さない草むらを畑につくること。

この虫の力を生かすという方法は、2016年に北農研の池田先生が主催されたシンポジウムにて、聞いた宮崎大学の大野先生のお話から実践してみたものです。

Img_20191129_141901_221

そして、講演会ではゲストとして豪華なお二人も講演してくださいました。

元帯広畜産大学教授の紺野泰夫さん。

植物の研究をされていて、十勝植物の会でも活動をされています。

環境保護政策の進んでいる欧州の制度についての翻訳もされていて、大変お詳しい方です。

Img_20191201_185912_701

海外での農業における自然保護政策についてお話いただきました。

自然を保護型の農家に対して政府から直接的な補助がでるのだそうです。

それから、もう一人のゲストが

帯広百年記念館の学芸員の伊藤彩子さん。

実は私、就農する前から虫の大切さを伝えたい!!と思ってました。

人から忌避されがちな虫。

映画や漫画などの恐怖シーン等で使われがちな虫。

知らず知らずに人間へのネガティブなイメージを人間によってされてきたように感じてきたからです。

虫は人間の言葉を話さないので、人間へのフォローは人間の誰かがしないと!と思っていました。

そんなときに、伊藤さんの虫のお話を聞く機会があり、激しく共感して、いつかご一緒したいな、と思っていたのでした。

快くお引き受けいただき、畑にも来てくださいました。

講演会では、そのときの感想と、生物多様性によってバランスを保たれているアフリカのジャングルとの共通点、アブラムシの生態などのお話をしていただきました。

最後に、紺野さん、伊藤さん、尾崎さんと私でトークセッション。

その中で、会場にお越しいただいていた北農研の池田さんからも有機農業について、コメントをいただきました。

会場のお客さまからもご質問いただき、私にとっても、学ぶところがたくさんある、楽しい時間でした。

ご協力いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、

本当にありがとうございました!

(記 ユミ)

2019年12月20日 (金)

カスケードホップのクッキー発売!

12月21日、22日は廣田農園のビールイベント第2回目!!

今回は新たに、カスケードホップ入りクッキーを販売します!

限定50枚。

芽室銘菓 お菓子のまさおかさんに製造していただきました。ありがとうございます!!

Img_20191220_135546_348

芽室産小麦粉を使い、カスケードホップを

ビール好きの代表が納得いくまで練り込んでいただきました。

はっきりいって、苦い!です。

ですが、しっかりと香るカスケードホップの柑橘系の香りと、クッキーの甘味ともに感じる苦味は、なぜだか美味しいのです。

なぜでしょう。

IPA 中毒の皆様には納得していただけること間違いなし!(笑)と思います。

Img_20191220_135546_347

クッキーは健康おたくのユミのこだわりで

無添加、ホップのスタンプは炭スタンプパウダーと黒糖で押していただいています。

Img_20191220_135546_350

ビール、ホップが好きな大切な方へのプレゼントにもどうぞ!!

あ、ホップは女性のためのハーブとも言われていルので、女性にも良いかもしれません。

お子様、ホップの苦味が苦手な方も安心、

安定の美味しさ、ぴよ太くんクッキーも販売します。

ちなみに、お菓子のまさおかさんの店舗は

芽室駅を出てすぐ、そば。

フクハラさんの向かいにあります。

たくさんの素敵なお菓子の中から

選んでお土産を買って帰るのも楽しいですね。

(記 ユミ)

2019年12月18日 (水)

2019年産カスケードホップのビールイベント


廣田農園の2019年産ホップを使った地ビールを

またまたビール醸造家の十河文英さんに

作っていただきました!

みなさんで楽しみましょう!

12月21日と22日の2日間です。

21日は16時半から20時半、

22日は11月から16時までです。

会場は今回も芽室まちなかの書店、

珠玖ライオン堂さん。

珠玖さんと廣田のまちなかを盛り上げたい!

という想いと、

十河さんと廣田の地域の食材で地域を盛り上げたい!という想いと、

いろいろな想いが形になり、今回が2回目。

リビングカフェEngawaも第2会場となっています。

Kimg2672

今回はめむろプラニングさんに

フードブースを出店していただきます。

メニューは

鶏の唐揚げ、もつ煮込み、

牛サガリ串、芽室産ケンボロー豚串!

ビールと美味しいものを楽しみましょう!

1576552287723

そして、今回も

ジプシーギターの杉原元さんと奥山ゆりえさん

による生演奏もしていただきます!

Kimg2515

ビールと美味しいフードと音楽と。

ビールを飲む方はJR駅から徒歩3分の会場ですので、公共交通機関でお越しくださいね。

ドライバーの方はペットボトルでのお持ち帰りもできますのでご利用ください。

(記 ユミ)

2018年6月14日 (木)

乾燥ケール入りクッキー

健康オタク農家を自称する廣田農園ですが、

おやつ大好きですheart02

誰か乾燥ケール入りのクッキーを作ってくれないかな~?と、かれこれ数年想っていましたら、夢が現実になりました‼

否、現実にしていただきました!

Img_20180518_150535_465

中札内の農家さんが立ち上げられたベジハートさん。

とても誠実に丁寧に、美味しく美しい加工品をつくられています。

どの作品も素敵なんです。

そのベジハートさんのソルト&ケールクッキー

素材はなんと、、すべて北海道産。

塩もオホーツク産!!

ほんのり感じるように1枚1枚、上にのせているそうです。

手間ヒマかかってますね!

そして、北海道産よつ葉のバター使用で食品添加物無添加!

凄いです‼

ちょっと甘いものをお茶のお供につまみたい。

そんなときにピッタリの一口サイズ。

畑の駅で販売中です。

ぜひ、お試しください(^o^)

Img_20180518_150535_480

2018年3月28日 (水)

惣菜のミツバチに十勝、芽室情報あります!

道の駅ウトナイ湖十勝フェアのときに

いただいた芽室町情報パンフレットいろいろ。

少し残部があったので、札幌にある惣菜のミツバチさん内の廣田農園コーナーに設置してきましたwink

札幌でも十勝、芽室情報をじわじわ発信していきます!

そして、十勝めむろ&札幌の交流人口が増えると良いなぁ~と思ってます(^o^)

廣田農園はみなさんのお越しをお待ちしてます(^o^)

十勝めむろ良いとこ、一度はおいで~note

Img_20180327_172422_411

道の駅ウトナイ湖、十勝フェア楽しかったです(^o^)

道の駅ウトナイ湖、十勝フェア

おかげさまで、温かい雰囲気の中、

地域の方ともたくさんお話でき、とても楽しかったです(^o^)

写真に写っているのは札幌、惣菜のミツバチ店主ワカヤン。

高校バドミントン部仲間コラボ惣菜もご好評いただきましたheart02

芽室、川合農場さんのユリ根の山芋揚げも大人気で、すぐに完売御礼shine

ベジハートさんの廣田ケール入りクッキーも大好評lovely

また、芽室町観光協会さんからいただいた芽室情報のパンフレット達も興味をもっていただき、たくさんお持ち帰りいただけました♪

ありがとうございました~\(^o^)/

Img_20180325_114809_276

2018年3月 8日 (木)

2018年3月25日(日)は道の駅ウトナイ湖十勝フェア!

3月25日(日)、
道の駅ウトナイ湖の
「十勝フェア」に出展しますsun

今回は廣田農園の加工品の他、

中札内、ベジハートさんの
廣田農園乾燥ケールのクッキーと、
札幌、手づくり惣菜のミツバチさんが
農園野菜を使った惣菜も並びます。

店頭に立つのは廣田農園ユミと
ミツバチのワカヤンですbleah

春のドライブはウトナイ湖なんて
いかがでしょうかrvcar

お待ちしてまぁ~す(^o^)v

#ベジハート#中札内#惣菜のミツバチ#札幌#廣田農園#ケール#ウトナイ湖#十勝フェア#道の駅

Img_20180305_121557_652

2018年2月20日 (火)

森町にある人気のパン屋さん
おおば製パンさん

入り口付近のコーナーにて
廣田農園の乾燥ケールを
お取り扱いいただいています✨

薪の釜で焼いたパン。
とっても美味しいのです。

函館、道南に遊びに行った際は
ぜひ、お立ち寄りください✨(●^o^●)

#廣田農園#ケール#十勝#めむろ#おおば製パン#乾燥ケール

Fb_img_1519101439020_3

2017年3月29日 (水)

春のEngawa de 小鳥展+(2017年3月19日)

3月19日(日)に芽室町のリビングカフェENGAWAにて

「春のEngawa de 小鳥展+」というイベントに出展しました。

小鳥もさえずる春にピッタリの春らしいイベントです。

小鳥モチーフのアクセサリーに、アクセサリー作りワークショップ。

小鳥サブレとコーヒー。chick

廣田農園のケールパウダーとトマトパウダーを使用した

コラボサブレもありましたshine

野鳥の写真展示ブースに、体に優しい駄菓子屋さん。

小鳥のように体が軽くなるタイ式マッサージブース。

そして、ラトビアミトン個展に廣田農園ぴよ太(小鳥)印の加工品。

さらには、アコースティックギターのライブ(小鳥の歌など)。

一人一人ができること、あたたかさを持ちよって

ほんわか楽しい一日をご来場いただいた皆さんとシェアできました。

Img_20170319_180512

2017年3月11日 (土)

廣田農園のケールチャバタ販売開始!!

廣田農園のプレミアム
ケールチャバタ、
販売開始です~(*≧∀≦*)

さっそく最初のお客様に
お買い上げいただき、
感謝感激です~♪ヽ(´▽`)/

ポップも作っていただいて、
レジ前に置いていただいて、
感謝です~

 ちなみに、冬の晴天率、日本一!の芽室町!

本日も十勝晴れでございます~

土日限定でお待ちしてます🎵

今日は3月11日。
就農へのきっかけとなった震災。

発売日が今日になったのは
意図したものではなく、そうなったのですが、

何か、不思議な感じもします。

改めて、できることに集中して
前に進んでいこうと思いました。

Photo

Photo_2

Photo_3