Feed

2020年1月 3日 (金)

もちきび、BASEでも買えます。

大型の鳥さんや、ハムスターなどのげっ歯類のみなさんに向けた新商品をアップしました。

大型の鳥さんがゆっくりと確実に、

固いもちきびを破壊していく様子は圧巻。

鳥さんの底力とかっこよさを感じました。

ハムスターさんが一生懸命に

芯から一粒一粒はずして

ほお袋にツメツメする姿には

ホッコリします。

可愛いあのこのワイルドな一面に

ドキドキ、キュンキュン。

廣田農園のネットショップ

こちらのもちきびは、在来種の白もちとうもろこし。

昔ながらの品種なので、優しい甘味が特徴です。

今のスタンダードはスーパースイート種でめちゃめちゃ糖分が高くて、人間には良いと思いますが、小動物のみなさんには甘すぎるかもしれません。

また、昔ながらの品種だから、昔ながらの環境、無農薬無化学肥料でも育ってくれました。

人間サイズだと、いっぺんに多すぎると思い、小さなサイズでそろえてみました。

Screenshotshare_20200215_215447

もちきびは太さがあるので、全国一律価額の

クリックポストに入らず、宅配便になってしまいました。

一番小さな60サイズに入れると、ちょうど一キロ分でした。

ちなみに、鳥さん、げっ歯類のみなさんが お気に召さなかった場合は、飼い主のみなさまが バラバラにして、御飯と炊いて、もちきび御飯で、 または、油をひいたプライパンで煎ってはぜたら塩をふって、 ポリポリ美味しくお召し上がりいただけます。

よろしければ、チェックしてみてください。

2019年12月29日 (日)

BASEに廣田農園ショップ開設しました!

  1. あわ穂を発売したのを機に、BASE に、

廣田農園のネットショップを開設しました。

手数料がそこそこ、かかってしまうので、

直接的お問い合わせからお買い上げいただくより

高くなってしまいますがcoldsweats01

それよりポチッと、お好きなタイミングで

お求めいただきたい方は、

こちらをご利用くださいませ(^o^)

ちなみに、発送の差額は400円です。

店舗(畑の駅または芽室郵便局)で直接購入の場合は差額、700円です。

使い方がイマイチ、わかっていないので

やけに、スッキリしちゃってますが、

少しずつ、充実させていきたいと思います。

よろしくお願いいたします!

Screenshotshare_20200210_165108

2019年12月23日 (月)

講演会「畑の虫さんと一緒に野菜育て」のこと

2019年12月1日、

帯広の森はぐくーむにて「畑の虫さんと一緒に野菜育て」というタイトルで講演させていただきました。

Img_20191128_100330_323

主催は日本野鳥の会 十勝支部さん。

廣田農園のゆるキャラがすずめのぴよ太くんなのですが、すずめは野鳥なんですよね!

野鳥を全面に押し出して、野鳥にも安心な環境づくり、自然共生型農業をしている廣田農園。

そんなご縁から野鳥の会十勝支部の尾崎さんにお声をかけていただきました。

無農薬でどうやって虫とかかわって野菜を育ててきたのか、というところをメインにお伝えしました。

Photo_2

簡単にいうと、虫の多様性を維持するような環境をつくるということです。

アブラムシやヨトウムシといった、野菜が大好物で生命力、繁殖力の強い虫さんばかりにかたよった畑だと、厳しいので、、

そのアブラムシさんやヨトウムシさんが大好物!な虫さんが定住してくれる環境をつくるということです。

そういった肉食系の虫さんは一生涯、アブラムシやイモムシだけを食べ続けるのではなく、

大人になったら花の蜜も必要としたり、主食とする虫もいるのでした。

そこで、成虫になってからの食事に困らないように虫さん好みの小さなお花を咲かせ続ける。

具体的には、畑の中に耕さないゾーン、草むらをつくり、住み着いてもらう。

あと、お水を飲める場所をつくる(←これはこれから)。

安心して暮らせたり、越冬したりできる隠れ家、住みかとなる耕さない草むらを畑につくること。

この虫の力を生かすという方法は、2016年に北農研の池田先生が主催されたシンポジウムにて、聞いた宮崎大学の大野先生のお話から実践してみたものです。

Img_20191129_141901_221

そして、講演会ではゲストとして豪華なお二人も講演してくださいました。

元帯広畜産大学教授の紺野泰夫さん。

植物の研究をされていて、十勝植物の会でも活動をされています。

環境保護政策の進んでいる欧州の制度についての翻訳もされていて、大変お詳しい方です。

Img_20191201_185912_701

海外での農業における自然保護政策についてお話いただきました。

自然を保護型の農家に対して政府から直接的な補助がでるのだそうです。

それから、もう一人のゲストが

帯広百年記念館の学芸員の伊藤彩子さん。

Photo

実は私、就農する前から虫の大切さを伝えたい!!と思ってました。

人から忌避されがちな虫。

映画や漫画などの恐怖シーン等で使われがちな虫。

知らず知らずに人間へのネガティブなイメージを人間によってされてきたように感じてきたからです。

虫は人間の言葉を話さないので、人間へのフォローは人間の誰かがしないと!と思っていました。

そんなときに、伊藤さんの虫のお話を聞く機会があり、激しく共感して、いつかご一緒したいな、と思っていたのでした。

快くお引き受けいただき、畑にも来てくださいました。

講演会では、そのときの感想と、生物多様性によってバランスを保たれているアフリカのジャングルとの共通点、アブラムシの生態などのお話をしていただきました。

最後に、紺野さん、伊藤さん、尾崎さんと私でトークセッション。

その中で、会場にお越しいただいていた北農研の池田さんからも有機農業について、コメントをいただきました。

会場のお客さまからもご質問いただき、私にとっても、学ぶところがたくさんある、楽しい時間でした。

ご協力いただいた皆様、ご来場いただいた皆様、

本当にありがとうございました!

(記 ユミ)

2019年12月19日 (木)

2019年産 完熟あわ穂、販売開始しました!

11月に収穫した「あわ穂」。

ようやく、販売準備完了して、発売開始しました!

北海道、十勝めむろの廣田農園産

無農薬、無化学肥料、手収穫のあわ穂。

Received_1593984037407097

芽室郵便局の廣田農園ブースに並んでいます。

一パック、100g 入り800円です。

2パック、200gまでなら、

箱代含めて全国一律、送料300円のお手頃価格で発送できす。

(粟穂200gと送料合わせて税込1900円)

それ以上でも発送できますが、

地域、箱のサイズによって送料が変わります。

お申し込みは、

下記のいずれかでご連絡くださいませ!

(電話 → 0155の29の2819 または、

メール → hirotanoenアットマークhi3.enjoy.ne.jp

または、FacebookやInstagramのメッセージ)

Kimg2461

(記 ユミ)